トップ > 記憶する風土

土地の人に聞け

平成18年に花巻市・大迫町・石鳥谷町・東和町が合併し、新しい花巻市となりました。 4つの地域それぞれには、その土地特有の歴史や文化があります。そして、そこに住む人々にもまた、その土地と共に歩んできた物語があります。
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
「あっち町こっち町」のこっち町(旧花…
在京花巻人第41号 『思い出コーナー』より 山巻 幸子 (花高女併設中23年卒)  現在の花巻市の面積は、平成十八年(二〇〇六)、石鳥谷町、東和町、大迫町との合併によって、すぐには認識出来ない程の大きさになっている。それより以前、町であった花巻が、矢沢、湯本、湯口、大田、宮野目の五村を擁して、初めて市に昇格したのは、昭和…
2014年08月06日 14:27
コメント件数 : 0
浅沼 雅代さん【大迫地区】
大迫文化団体協議会会長を務める。 今回は大迫の雛まつりについてお話をお聞きした。 <大迫の雛まつり> *大迫の雛まつりの歴史  ここは盛岡から沿岸に結ぶ主要道路だということで、宿場町に指定されたところなんですよね。人馬往来のあたりは、盛岡から出て、ここで一泊する。そして遠野を通って、釜石とか大槌に抜けるっていう主要道…
2014年03月17日 18:29
コメント件数 : 0
浅沼 利一郎さん【外川目地区】
71歳(平成23年9月12日取材当時) 大迫町にある「早池峰と賢治の展示館」の館長をしています。10代の頃から早池峰山に登り始め、2010年には早池峰登山3000回を達成しました。 宮沢賢治の童話『風の又三郎』の原風景  『風の又三郎』に出てくる、水がゴボゴボと出ているところ、それは旭ノ又(ひのまた)小学校の近くの上沢(かみさわ)と…
2015年12月01日 18:26
コメント件数 : 0
阿部 生朗さん 【大迫地区】
昭和10年生まれ 大迫の町中で近江商人の流れを汲む商店を営んでいました。 大迫の特産  大迫には専売公社があったんです。東北全部を治めている専売公社があったんです。うちの爺さんは専売公社に勤めていたんです。退職金でこの辺の地所を買ったって言ってました。それで商店をはじめたの。自家用車もありましたよ。その当時三百円で買っ…
2015年07月09日 17:29
コメント件数 : 0
阿部 彌之さん [花西地区]
阿部彌之さん  取材当時65歳    大船渡農業高校校長を退職後、父親のリンゴ農園を引き継ぐ。 リンゴの木について  私が聞いているかぎりは、花巻は結構りんご早かったみたいなのさ。やっぱり城下町で。青森のリンゴなんか見てくと、士族がやっぱりりんごを、先見の明っていうかね、園芸とかそういうのを取り入れているっていう歴史が…
2015年03月17日 11:50
コメント件数 : 0
阿部 茂巳さん【浮田地区】
花巻市文化財保護審議委員を務め、郷土の歴史に詳しい方です。東和町浮田地区の文化財等についてお話を伺いました。 まいりの仏  私は学問的な、いわゆる歴史的な形に話をします。浮田で自慢できるのは、阿弥陀さんの掛け軸。大阪の西本願寺というところで配布したものなんです。東和町の浮田にある松崎阿弥陀堂というところ。県指定の文…
2017年01月31日 16:11
コメント件数 : 0
伊藤 栄一さん【花南地区】
昭和4年生まれ 市内の不動産会社の代表をしており、花巻市議会議員や岩手県議会議員もつとめた。 マルカンの社長さんについて  マルカンの社長は、豊沢町の床屋さんさお婿さんに来たんです。マルカンさんは非常に経済人だったので、いつでもですね、物を仕入れる時はいつでもここさ(お腹を指して)百万円を持って、物を仕入れる時に現金…
2014年10月17日 13:54
コメント件数 : 0
伊藤 政男さん【内川目地区】
取材時68歳(平成23年10月26日取材) 20代から大工の仕事をやってきた方です。昔の青年会活動や祭のこと、家で行った結婚式の話などを聞かせていただきました。 大工になり東京から仙台、盛岡  大工になったのは22歳のとき。それまでは中学を終わった頃に、冬仕事で大迫の土建の佐藤組に、親父、お袋と3人で出たんです。その辺の改修工…
2016年04月11日 18:24
コメント件数 : 0
伊藤 良男さん【内川目地区】
大正12年生まれ 山林や酪農の仕事をしてきました。昭和35年から早池峰神社の総代も務めています。 私の経歴  今年88歳になりました。山さばかり歩いていたものだから。山仕事やったり。食べるだけは田畑やったんだしね。私はこうして皆さんのお世話になって生きてきた。昭和14年から消防団に入ってお世話になって、収入源に酒屋働き(酒造…
2015年11月23日 13:47
コメント件数 : 0
伊藤 健悦さん【新堀地区】
取材時 86歳 (平成26年8月26日に取材) 定年まで役所で務めあげ、新堀地区の農業を支えた ―新堀の風習や文化について  新堀祭りってのは、八幡さん祭りとか諏訪祭りがある。神社の祭りで五穀豊穣の祭り。だから神楽もある。たしか4つくらいあったんだけど今は2つしかなくなった。今は後継者がいなくなって廃れてると思う。そして祭りっ…
2014年11月17日 13:00
コメント件数 : 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7