トップ > 伝承される記憶

うた

花巻で伝承されている様々な“うた”を掲載します。
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
土突き歌
一には 紀のとの大日様よ 二には 新潟の白山様よ 三には 讃岐の金比羅様よ 四には 信濃の善光寺様よ 五には 御殿の若君様よ 六には 六社の地蔵様よ 七には 南部の早池峰様よ 八には 八幡の八幡様よ 九には 熊野の權現様よ 十には 所の産神様よ ○かつて住宅・土蔵等を建てる際、土台石を置く場所を…
2014年03月07日 14:11
コメント件数 : 0
せせせ
パラリとせ 東山見ればね 見ればね 見れば見る程泪がボロボロボロボロ その泪を袖で拭きましょう拭きましょう その袂を洗いましょう洗いましょう 洗った袂をしぼりましょうしぼりましょう しばった袂を干しましょう干しましょう 干した袂を入れましょう入れましょう 入れた袂をたたみましょうたたみましょう た…
2014年03月07日 14:16
コメント件数 : 0
田の草取り歌(笹間地区)
一、 山のめの やきちがおかたこなべやく     粟に米 小豆をいれて七こなべ 二、 十七八や お倉に入れてな錠でしめる     若い衆が あげはじまきでな開けたがる 三、 開けたなり よもぎのかやで抱いて寝る     お台所と川の瀬は いつもどどどとなるがよい 笹間郷土誌編集委員会[編]『笹間郷…
2014年03月07日 14:22
コメント件数 : 0
南部酒田(笹間地区)
四海波風 おさまる御代は さざれ巌に亀遊ぶ 揃うた/\と皆様揃うた       秋の出穂より なお揃うた   金のなる木は なかまの柱 縁でこぼれて 金となる 金のない木は無いとはうそよ     辛棒する木に金がなる     これの座敷に這い藤生えた 何の這い藤 金の蔓 これの…
2014年03月07日 14:24
コメント件数 : 0
さんさ踊りの歌(湯口地区)
目出度めでたのヤーハエ 若松さまよ 枝も栄えて ヤーハエー 葉も茂る サンサエー 盆が来るからヤーハエー 帯買って呉れろ 今の流行の ヤーハエー 博田帯 サンサエー おどり踊らばヤーハエー 品よく踊れ 品がよければヤーハエー 嫁にとる サンサエー 盆の十六日ヤーハエー 二度あるならば 電信柱にヤーハエー…
2014年03月07日 14:26
コメント件数 : 0
お手玉の歌(八日市地区)
おや玉こいて おひとつおひとつ おふたつおふたつ おお三つおお三つ  おまからかえしておってんぱらり ちょうかいのちょうかいの ちょうかいの花さき 花さき花もおでしこ おでしこおでしこ おおだいひっき びきしょうめびきしょうめ びっきもおしゃらず おしゃらずおしゃらず おにげあすおにげあす おほにもほっか …
2014年03月07日 14:32
コメント件数 : 0
マリ(毬)歌(八日市地区)
まりさんまりさん 何を千鳥にかけました ぼたんからくさ よしはらすずめ 羽をそろえてどんどころ なおどんどころ 一つこしょ 一つこ一つこ一つこしょ 二つこしょ 二つこ二つこ二つこしょ 三つこ三つこ 三つこしょ 四つこしょ 四つこ四つこ四つこしょ 五つこ五つこ 五つこしょ 六つこ六つこ 六つこしょ 七…
2014年03月07日 14:39
コメント件数 : 0
鳥ぼい(小正月の朝に唱える)(八日市…
朝鳥ほいほい 夜鳥ほいほい 夜中の良い時は、鳥もないじゃほいほい あまり良ぐない鳥は、頭割って塩して 塩袋にぶちこんで、蝦夷島さ田作って それでも食えじゃほいほい 八日市郷土誌編集委員会[編]『八日市郷土誌』八日市郷土誌編集委員会 平成9年(1997)
2014年03月07日 14:45
コメント件数 : 0
田の草取り歌(八日市地区)
ハアー前の小山のナア ソラソラ 小百合の花は ソラソラ 枝は九つナア ソラソラ どさと咲く ソラソラ ハアー沢のあげびはナア ソラソラ 何見て開く ソラソラ 峰のマツタケナア ソラソラ 見て開く ソラソラ ハアー松の葉はナア色こそ変わる 落ちもせぬ 落ちたとて お前の手には かけもせぬ ハアー奥山育ちの…
2014年03月07日 14:48
コメント件数 : 0
籾摺歌(もみすりうた)(八日市地区)
(木摺臼、土摺臼の籾摺り機を使用しながら歌った労働歌。) ヤヨイ西根山から 御駒ヶ岳峰の雪  七月とけて化粧の水 ヤヨイ後ろの久根で鳩が鳴くじゃない 長者さんになれとさえずる  長者は長者 金持ち長者になれなれと 八日市郷土誌編集委員会[編]『八日市郷土誌』八日市郷土誌編集委員会 平成9年(1997…
2014年03月07日 15:48
コメント件数 : 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4